牛乳屋さんから始まった、安全・安心の味 牛乳へのこだわり

万全の体制が整えられたチチヤスの品質管理

チチヤスは創業以来、「国民皆牛乳」を念頭に事業を展開してきました。それは、言い換えれば「国民皆健康」を実現することにほかなりませんでした。
健康食品をお届けするからには、食品の衛生面にも万全の配慮が必要です。「チチヤスの歴史は、牛乳の衛生管理の歴史」でもありました。

工場へ搬入された牛乳は、直ちに乳温、鮮度、風味を調べた後、細菌数、異物混入の有無を検査します。そして合格したものを遠心清浄機にかけ、牛乳中の塵埃(じんあい)を除去後、プレート式殺菌機で一定の温度に加熱します。 その後均質機にかけ、消化しやすく、しかも脂肪が上面に浮き上がらないよう高圧のもとで牛乳中の脂肪球の大小を均一にします。その後130度の高温で2秒間の殺菌を行ないます。
殺菌された牛乳は、10度以下に冷却され、無菌の貯蔵タンクに冷蔵されます。その後あらかじめ洗浄殺菌されたパイプラインで充填機に運ばれ、紙パックに充填されます。せっかく殺菌処理をおこなった牛乳も、充填の段階で細菌が侵入すると、風味や品質に影響します。したがって、清潔な紙パックを使用することはもちろん、充填機(じゅうてんき)の取扱いや充填室内外の環境を常に清潔に保つことが必要となってきます。

牛乳は搾乳(さくにゅう)から、搬入、製造工程、出荷に至るまで、衛生面で周到な注意が必要とされています。チチヤスでは製造工程の各段階で、多岐にわたる中間検査を実施し、品質には万全を期しています。もちろん、使用する機械器具類は定期的な検査を受け、常時良好な状態で稼働できるよう管理しています。

広島の契約酪農家

牛の個体管理から、温度管理など健康面への配慮や衛生管理。のびのびと育てられた牛だからこそ採れる上質な生乳。それらを含めた環境の整備がすみずみまで行き届いています。

乳牛の体質管理は多岐に及び、その生産者の努力がコクのあるチチヤスの牛乳を生んでいます。このような整備された体制のもと、安全で、安心な商品をお客様のもとへお届けしています。(広島の学校給食、広島のおいしい牛乳、広島県産生乳をつかったプレーンヨーグルトに使用しています)

  • 森田牧場
  • 加藤牧場
  • (有)ハイランドファーム
  • (有)山本牧場
  • 小島牧場
  • 伊藤牧場
  • 茅野牧場
  • 梶間牧場
  • 橘牧場